Japan Color認証取得──標準化のたゆまぬ努力、差別化への絶えざる挑戦

Japan Color 標準印刷認証について

  • この審査に合格するためには、日常的な点検・管理・メンテナンスの行き届いた印刷機械で、訓練を積んだ経験ある印刷技術者により行われることが大前提になります。
    以下の審査項目で、審査員立ち会いの上、一定の色差(しきさ)内で安定的に印刷物を作成できる能力があるかどうかを審査します。

    1.CMYK4色ベタ部のLab値 *
    2.50%網点部のドットゲイン値
    3.5000枚の連続印刷におけるLab値
    4.5000枚の連続印刷におけるドットゲイン値

    * Lab 値について調べる