CSR

企業の社会的責任(CSR)は、コンプライアンスから地球環境問題、地域社会への貢献など、非常に広範なものとなってきています。
当社では、コンプライアンス委員会による厳格な法令遵守への取り組みをはじめ、個人情報保護管理体制の強化としてプライバシーマークの付与認定を受け、環境問題ではISO14001認証取得とFSC®−CoC認証(FSC®C002641)を取得する事により、地球環境の保全のために貢献していきます。

CSR活動として以下の3つを紹介します。
・法令遵守
・地球環境問題
・地域社会への貢献
(法令遵守)
 当社では3ヵ月に1回、コンプライアンス委員会を弁護士の先生を交えて開催しています。ここで様々な事例を交えて点検、再確認を行い、法令の改廃をフォローしています。また 法令以外にも事業活動に必要な社会的ルールや商習慣など、法令に準じて尊重し対応していきます。
(地球環境問題)
 環境マネジメントシステムを構築し、ISO14001認証を取得することによって全社員が環境問題に取り組み、社会に対してどのように貢献できるかを考えています。また FSC®−CoC認証を取得することで、当社が購入する印刷用紙の原料となる森林が無秩序に伐採されないようにするため、管理された森林から切り取った木材と古紙を使って製造されていることのトレーサビリティーを確保することが出来ます。
さらに当社では例年、年間約1700tの古紙を再生業者に引き取ってもらい、そのリサイクル率は100%に達しています。木材にして34000本分(1tにつき20本)をリサイクルしたことになります。
(地域社会への貢献)
 本社及び市島工場では、毎年地域の4つの中学校から2年生を対象とした「職場体験学習」の受け入れを行っており、将来の進路決定や職業選択のための教育活動の一環に貢献しています。また、小学校からも2年生の社会科の授業の一環として「地域の工場探検隊」として工場見学を受け入れています。
本社では、企業町内会に参画し、当社がリーダーとして新大阪駅北側の清掃ボランティア活動を月1回近隣企業、団体と共に行っています。

個人情報保護方針

富士精版印刷株式会社は、印刷物を中心とした商品・サービス・情報の提供を通じて、お客様の明るい未来を創るお手伝いをしております。こうしたビジネスを通じて、個人情報の重要性を十分に認識してまいりました。当社は、個人情報の保護および適切な管理を社会的責務と認識し、次の事項を含む個人情報保護方針を定め、これを実施し、かつ、維持することを宣言いたします。

  • 1.当社は、すべての事業で取扱う個人情報及び従業員等の個人情報の取扱いに関し、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守いたします。さらに、日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」(JIS Q15001)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを策定し、個人情報を保護いたします。
  • 2.当社は、個人情報の取得、利用にあたっては、その利用目的を特定することとし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)はいたしません。また、目的外利用を行わないために、適切な管理措置を講じます。
  • 3.当社は、ご本人の同意を得ている場合や法令にもとづく場合等を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。
  • 4.当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談を受けた場合は、その内容について迅速に事実関係等を調査し、合理的な期間内に誠意をもって対応いたします。
  • 5.当社は、取得した個人情報を適切に管理するため、組織的・人的・物理的・技術的な安全対策措置を講じ、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に取り組みます。
  • 6.当社は、社会情勢・環境の変化を踏まえて、継続的に個人情報保護マネジメントシステムを見直し、個人情報保護への取り組みを改善していきます。

平成17年3月7日制定
平成21年10月1日改定
富士精版印刷株式会社
代表取締役社長 里永 健一郎

「個人情報の取扱い」

富士精版印刷株式会社
個人情報保護管理者
管理本部長

  • 1.個人情報の利用目的について当社は、個人情報を下記業務ならびに利用目的の達成に必要な範囲で利用いたします。
    • (1)業務内容
      • ①ダイレクトメールの印刷、発送に関する業務
      • ②各種名簿の印刷、発送の業務
      • ③その他、個人情報の加工、印刷、発送の業務
    • (2)利用目的
      • ①印刷物製造、発送のため
      • ②他の事業者等から個人情報の処理の全部または一部について委託された場合等において、委託された当該業務の適切かつ円滑な遂行のため
      • ③当社の採用選考のため
      • ④従業者の雇用管理のため
      • ⑤子会社から受託した給与計算業務等のため
  • 2.開示、訂正等の手続きについて
    • 当社は、ご本人からの開示対象個人情報の開示、利用目的の通知、開示対象個人情報の内容が事実に反する場合等における訂正等、利用停止等及び第三者提供の停止(以下「開示等」という。)のご請求を受付いたします。
    • (1)開示等の求めの申し出先
      • ①苦情・相談窓口
      • ②郵送でご請求いただく場合は、下記宛に、所定の請求書に必要書類を添付のうえ、ご郵送ください。
        〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2-4-33
        富士精版印刷株式会社「総務部 苦情・相談窓口担当」
    • (2)ご提出いただくもの
      • ①個人情報利用目的の通知・開示請求書
      • ②個人情報訂正等請求書
      • ③個人情報利用停止等請求書
      • ④本人確認のための書類(運転免許証、パスポートなど)
      • ⑤法定代理人の場合は、上記④に加え、法定代理権があることを確認する書類
    • (3)手数料
      • 当該ご請求のうち、開示のご請求及び利用目的の通知のご請求につきましては、当社所定の手数料をご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。開示等のご請求の具体的な手続きにつきましては、下記の窓口までお問い合わせください。
  • 3.個人情報の取扱いに関するご相談・苦情について
    • 当社の個人情報の取扱いに関するご相談や苦情等のお問い合わせについては、下記の窓口までご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

    • [個人情報の取扱いについてのお問い合わせ先]
      富士精版印刷株式会社 総務部 苦情・相談窓口
      電話:06−6394−1182(受付時間:平日9時〜5時)
      E-mail:fuji-info@fujiseihan.co.jp

    • なお、当社は、法に基づき認定を受けた認定個人情報保護団体である下記団体に加盟しております。下記団体では、当社の個人情報の取扱いに関する苦情・相談をお受けしております。

    • [認定個人情報保護団体の名称及び苦情解決の連絡先]
      一般財団法人日本情報経済社会推進協会
      プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室
      電話:03−5860−7565 またはフリーダイヤル0120−700−779

環境方針

  • 1.地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、社会に対してどのように貢献できるかを考慮し、ISO14001:2004に準拠した環境マネージメントシステムを構築し推進します。
  • 2.全ての企業活動(生産、製品、又はサービス)から生じる環境側面を把握し技術的、経済的に可能な範囲で適切な環境目的・目標を定めます。
  • 3.環境に関する法令、規則、その他の規範を遵守します。(そのために自主基準、社内規定を制定し遵守します。)
  • 4.印刷用紙、廃棄物の削減、資源のリサイクル、節電等の省エネルギー推進を企業活動の領域として全員参加で取り組みます。
  • 5.原材料、設備等の購買に対し環境保全、資源保護等に努め、環境に負荷を与える物は削減します。
  • 6.環境監査を実施し、さらに、教育、社内広報活動を通じ環境マネージメントの継続的推進と改善をします。

平成17年8月3日
富士精版印刷株式会社
代表取締役社長 里永 健一郎

企業行動憲章ーコンプライアンスに関する基本方針ー

当社は創業以来、「商いは高利をとらず 正直によき品を売れ 末は繁盛」を経営理念として、印刷業を通じて社会的な信頼を得、印刷を通して社会の発展に貢献してまいりました。この信頼をさらに高めて、社会に貢献するために、以下の通り企業行動憲章を定め、実践してまいります。

  • 1.法令の遵守はもとより、国内外、社内外のルールや社会規範を遵守し、常に企業倫理に即して行動します。
  • 2.自由かつ公正な競争を基本に企業活動を行います。また、政治や行政と健全かつ正常な関係を維持します。
  • 3.社会的に有用な製品・サービスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して提供するとともに、お取引先やユーザーの満足と信頼を獲得するために、誠実に行動します。
  • 4.従業員一人ひとりの人格、個性を尊重するとともに、健康・安全で働きやすい職場環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現します。
  • 5.環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動します。
  • 6.株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションに努め、企業情報を積極的かつ公正に開示します。
  • 7.「良き企業市民」として、社会および地域において積極的に社会貢献活動を行います。
  • 8.海外においては、その文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献するよう行動します。
  • 9.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、一切の関係を遮断します。
  • 10. 経営トップは、本憲章の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底します。また、社内外の声に耳を傾け、実効ある社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。また、万一本憲章に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明と説明責任を果たし、自らを含めて厳正な処分を行うとともに再発防止に努めます。

平成19年2月5日
富士精版印刷株式会社
代表取締役社長 里永 健一郎

Google Analyticsの利用について

本ウェブサイトの一部ページでは、Google Analytics によるアクセス解析を利用しています。
このため、一部のページにおいて Google Analytics から提供されるファーストパーティCookie を使用しています。

○利用目的及び適用範囲

Google Analytics の利用により収集されたデータは、サイトの利用動向を統計的に分析する目的でのみ使用し、個人を特定する目的では使用いたしません。
Google Analytics の利用規約・プライバシーポリシーについては、下記リンク先にてご確認ください。

http://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/tos.html

○収集した情報の第三者への開示について

当社では、法令に基づく開示請求があった場合、その他特別の理由のある場合を除き、収集した情報を利用目的以外の目的のために自ら利用し、または第三者に提供いたしません。

○Google Analytics のオプトアウトについて

当該サービスの利用にご同意いただけない場合は、お手数ですが、Google Analytics のオプトアウト用アドオンの導入をご検討ください。

http://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

なお、このアドオンを導入すると当サイトを含む全サイトで、Google Analytics への情報送信が抑止されます。
また、このアドオンに関するお問い合わせには当サイトでは回答できかねますのでご了承ください。